あなたのパートナーは本当にアスペ夫/彼ですか?

最近、カサンドラ症候群の女性が多くなっている!?という記事やコラムをよく目にします。


カサンドラ症候群とは

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)のパートナーとコミュケーションが取れず、不安や抗うつ状態になるなど心身を壊してしまうこと。

であり、カサンドラ症候群になりやすい女性は

  • 真面目

  • 几帳面

  • 我慢強い

  • 面倒見が良い

と優しい女性が多い印象ですね。


私がちょ「う~ん」と思うのが、コミュニケーションが取れない。話を聞いてくれない。というだけで、みなアスペ夫と決めつけてしまう風潮です。



女性が理想とする男性は虚像です!


世の中にあふれる恋愛指南本や恋愛コラムに出て来る”お手本”となる男性は、気が回り、女性の考えていることを察することができる素晴らしいメンズたち。

そこに書かれている男性像と、自分の彼や夫と比べて落ち込んでしまっていませんか?

私の気持ちのわからないあの人は、アスペルガー症候群なのかも?なんて。

でも、ちょっと待って!!


気が回らず、あなたの考えていることを察してくれないことで、アスペルガー症候群とされるのならば、世の中のほとんどの男性がそこに分類されてしまいます。大汗


女性の考えていることを察することが出来る男性が、世の中の男性のデフォルトではありません!!

女性の考えていることを察することが出来ず、デリカシーのないことを平気で言い、少々自分勝手で『オレの好きなものはおまえも好き!』と思い込んでいたり、ハイヒールで歩いているあなたを一人にしてどんどん先に行ってしまうような男性。

こちらの男性の方が世の中のデフォルトー私がゴリラーマンと呼ぶタイプの男性です。

ゴリラーマンとは

デリカシなし発言はお手の物!!

察することも、人のことを気にすることもなく生きている男たちの総称 


ゴリラーマンの人口比率約80%!?(当社比) もちろん私の歴代夫たちも今夫も、もれなくみなゴリラーマンでした。笑 私がジョングレイ博士の教えを知らなかったころ、ゴリラーマンの言動や行動の意味がわからず、勘違いや誤解や言葉の意味の誤訳…それらが原因で別れたり、離婚をした!!といっても過言ではありません。

離婚理由の第一位は「価値観・性格の不一致』

価値観や性格が一緒の人間なんてどこにもいません。

ではなぜこれが離婚理由になるのか?

男女がお互いに男女の違い。男性心理、女性心理を知らないことから来ていると私は自分の体験からも感じています。

3度目の結婚前にそこに気づき、同じ過ちを繰り返さないためにたくさん勉強をしました。


今夫は、実験材・・・ごふごふ・・・彼の行動や言動を観察することで、ゴリラーマンの習性や行動や言動のパターンを知ることができました。

そしてこのことは、私たち夫婦が円満に過ごせるだけでなく、私の夫婦関係アドバイザーや恋愛カウンセラーとしての知識も広げてくれたので夫にはとても感謝しています。

私の夫はアスペ系?私は愛されいないの?と感じているそこのあなた!!

ゴリラーマンの習性を知ることによって、あなたのその考えは間違っていたことに気が付くと思います。

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示