要求と要望の違いとは?

要望と要求、似て非なる言葉ですが、どこが違うのでしょう?


要求=コントロール=強制や命令

✅ 要望=リクエスト=叶えばラッキー


この違いがあります。



この2つの言葉を混同している人はたくさんいます。


自分のことで考えてみるとよくわかるのですが、小言を言われたり、命令されると動くのが嫌になりませんか?



人は辛辣な言葉や命令では動きません。



例1)「テーブルの上が散らかってるんだけど、それくらい片づけてよ!」

例2)「テーブルの上、片づけてくれると嬉しいなぁ~(欲しいなぁ~)」


さて、どちらの言葉で人は動くでしょう?


例1が要求。そしてこの後にはだいたい人格を否定するような言葉が入ったり、責めていると相手に思われるような言葉が続くことも多いです。


「テーブルの上が散らかってるんだけど、それくらい片づけてよ!ホント、あなたってずぼらよね!どんな育てられ方したのかしら!?怒」

なんて。涙 

こんなこと言われたら、相手も戦闘態勢になってしまいますよね。


相手を戦闘態勢にさせず、上手に動かすためにも

要望の言い方を身に着ける

ことが重要です。



☆要望の言い方にする方法


要望の言い方にするには、

  • そのことズバリだけを言うこと

  • してくれたらうれしいな~という形

にします。


そしてそのあと要望を聞き入れてくれたときに、一番大切なことが、感謝をすること!!


お付き合いが長くなったり、結婚生活が長くなると、何事もしてくれて当たり前!当然!!となってしまうことも多いのですが、

この世の中に当たり前のものも、当然なものもないのです!


やってくれたことに笑顔と感謝の言葉「ありがとう!」ということを忘れないでください!!

あなたの笑顔を見たい。喜ばせたい。そして「ありがとう」を聞きたいために、男は頑張るもの!


もししてくれなくても、そこで怒ったり、畳みかけたりせず、またの機会を待ちましょう。その機会はすぐに訪れるはずです。

そして


✅1度言ったから聞いてくれる!と思わない!

✅すぐに変わると期待しない!

ことが大切です。

その人の性質や物事によっては、変化するまでに年単位かかるときもあります。

人は知らず知らずの間に、要求の言い方をしていることが多いもの。


要求を要望の言い方に変えることは最初は難しいのですが、慣れれば何も考えずとも口から出てくるようになります。


ぜひ今日から実践してくださいね。


 

☆オンライン講座のお知らせ

男女心理を知ることで、パートナーシップは上手く行く!


受講2~3週間でパートナーが変わる!?と報告を受けているベストパートナープログラムです。


パートナーに溺愛され、あなたの要望が面白いように叶うようになります。



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示